よくある質問

お申し込みからコーチングに関することまで、FAQ(よくある質問)をまとめました。

こちらに記載されている内容でも、詳しくお知りになりたい場合はお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォーム

 

 

コーチングに関する質問

 

1. リコさんがコーチングをはじめたきっかけはなんですか?

はっきりと「これだった!」というたったひとつの理由はないのですが、自分が辛かった時期に古今東西さまざまな本を読みあさり、人間の脳、心理、行動、それぞれのつながりのことを勉強していく中で、自然とどこかで『コーチング』を知った気がします。

きっとアメリカ人の書籍を読んだり講義を聴いたりするうちに出てきたものだと思いますが、こういう技術があることを知ってすぐに、コーチングの勉強をはじめました。

もともと人を元気付けることや長所を見つけることが得意だったので、『コーチング』は自分の長所を存分に生かせる上に、いままで経験したきたこともすべて使えると感じたのも、コーチングをはじめたきっかけのひとつです。

 

2. コーチングで一番気をつけていること、意識していることはなんですか?

まずは、とにかく聴くこと、『傾聴』です。

相手を否定せず、どんなことでも受け入れること。

クライアントさんの多くは、「こんな自分がいやだ」とか「こういう自分が恥ずかしい」「もっと違う自分になりたい」などといった悩みを抱えています。

自分でも話すことを迷ってしまうようなことでも、コーチがしっかりと受け止めることで、クライアントさんは徐々に心を開いてくれます。

コーチが否定的な態度を取ったり、上から目線だったり、それは間違っていますよ、などと言ったりしてしまったら、クライアントさんは二度と心を開いてはくれないでしょう。

 

また、まったく同じ気持ちを理解できなかったとしても、クライアントさんがどういうことを話そうとしているのか、その内容や気持ちにできる限り寄り添うことも大切にしています。

たとえば相手が「カレーが好きなんだ」といい、あなたも「そうそう、私も」と言ったとします。

このとき、相手の思っているカレーと、あなたが好きなカレーはまったく同じものでしょうか?

きっと違いますよね。カレーと言ってもタイカレーやスープカレーもあるし、インドも日本のタイプも・・・辛いのか甘いのか、具は?と挙げればきりがないほど。

これと同じで、たとえばクライアントさんが「悲しい」と言ったときに、それがどんな悲しみなのかをコーチングでは深く探って行きます。

 

その悲しみを体のどの部分で感じているのか、色に例えたら何色で、温度はどれくらいなのか。

さまざまな質問をしながら、クライアントさん自身もまだ気づいていない部分を探して行くのです。

 

クライアントさんの本当の思いを引き出すために、コーチングの傾聴は非常に重要なスキルとなります。

そして、どんなことを話しても大丈夫だという安心の場を提供するために、私は心にやさしく寄り添うコーチングを心がけています。

また、その他私がコーチとしてお約束していることは下のページに記載しています。

コーチとしてのお約束と私が信じていること・心掛け

 

3. どうしてたった1回のコーチングで効果がでるのですか?

悩みの相談にいらっしゃる方は、みなさん心の中のどこかに答えをお持ちです。

まだ答えに気づいていないとしても、心のどこかにその種を持っていらっしゃいます。

「本当はこうしたいと思っていることがある」、「本当はこうなりたいけど、どうやったらいいのかわからない」という大切な気持ちを丁寧に探りながら、実際にご自身がどうしたいのかを一緒に考えていきます。

 

また、私のコーチングはただ答えを探るだけではなく、役立つと思われるアドバイスや情報は惜しみなく提供しています。アドバイスはあくまでもアドバイスなので、それをやってみるかどうかはクライアントさんが決めること。

一般的なコーチングではアドバイスはしないように、と教わりますが、私はそれをあえて取り入れています。

クライアントさんが行き詰まってしまったときに、「こういう方法もありますよ」という道を示すことで、新たな視点が開けるからです。

私がいままでさまざまなビジネスで経験してきたこと、人生で学んできたことも使えるものはすべて使っていただきたいので、お伝えしています。

 

上にも書きました通り、私は人の長所や、その人がまだ気づいていない”すごいところ”を見つけることを得意としています。

ポジティブなエネルギーがクライアントさんの中に生まれることで、自信をなくしていた人でも大きな自信を持つことができ、行動につながりやすくなっているのだと思います。

 

一度のコーチングで得たことが一生続くとは限りませんので、もちろん継続する力も大切になってきます。

だれでもアップダウンすることはありますから。

しばらく期間をあけてから、必要を感じたときにまたコーチングを受ける、というクライアントさんが比較的多いです。

リコベルのコーチングは回数の縛りはなく、1回のみ、もしくは1ヶ月(2回)からお選びいただけます。継続をご希望の場合は1ヶ月ごとの更新となります。

 

4. 継続コーチングを受けることに意味はありますか?

1回で効果が出るために、そこでコーチングを一度終わらせる方もいらっしゃれば、初回から1ヶ月のコーチングを受けられる方、そしてそのまま継続される方と、コーチングの受け方はクライアントさんと、クライアントさんの悩みによって異なります。

1ヶ月のコーチングでは、2回のコーチングのほかに、1ヶ月間メール相談無制限がついていますので、その点でも安心される方が多くいらっしゃいます。

自営業者の方で期限を決めて集中して行動を起こしたい方や、じっくりと自分と向き合いたい方、軌道に乗ってひとり立ちするまでの間と決めていらっしゃる方などは継続される場合が多いです。

また、いちどコーチングが終わったあとに、再び必要を感じて受けられる方もいらっしゃいますので、ご自身にいちばん合う方法で受けられることをおすすめします。

 

5. どういうふうにコーチングは進むのですか?

初回は、コーチングの説明をしてからコーチングをはじめて行きますが、その前にいくつかの質問にお答えいただいています。

ご予約後に質問用紙をお送りし、コーチング前日までにご返信をお願いしています。

ここには、今のお悩みやコーチングで解決したいこと、ご自身のことなど、さまざまな質問が用意されています。

自分と向き合う質問事項となっていますので、この時点ですでにコーチングがはじまっているような感じです。

当日は、いただいた内容にそってお話を進めて行きます。

基本的には、質問に答えながら、ご自身の中にある強い思いを引き出していくイメージです。

その中で、使えそうなアイディアや情報提供できることがあれば、その都度させていただきます。

また、答えたくない質問や、答えがわからないものに関しては、そのまま「わからない」と答えていただいて大丈夫です。すべての質問に必ず答えなければならない、ということはありませんし、「わからない」ということにも意味があるので。

どんな答えにも意味があるため、すべてを大切に拾いながら進めます。そしてご自身が出した答えから、行動に移すための計画を立てて、実際に行動に移し結果へとつなげて行きます。

 

コーチングが終わる頃には、モヤモヤが晴れてかなりすっきりした気持ちになったり、これからのことにワクワクしたりする方がほとんどです。

堂々巡りで負のスパイラルにはまってしまっていた方でも、しっかりと明るい方向へ視線を上げて進むことができるでしょう。

 

6. どんな悩みの相談が多いですか?

悩みの種類に関しては、本当に千差万別です。

人間関係、恋愛、結婚、仕事、転職、職場のこと、孤独、家族、これからの将来のこと・・・

自営業者の方なら売り上げの悩みやご自身の人生と仕事の関係についてなど。

お悩みの種類は数えきれず、同じ『仕事』の悩みだっとしても、当然その内容はそれぞれです。

 

コーチングはその人が持っている潜在的な力を引き出す作業なので、基本的にどんなお悩みにも対応できます。

こちらのページの『お申し込みの前に』に記載の通り、精神疾患をお持ちの方やお医者様にかかっている方、お薬を服用されている方はお受けできませんが、それ以外の方のお悩みはお受けできますので、ご不安な場合は事前にお問い合わせいただければと思います。

 

7. コーチングの種類はどんなものがありますか?

個人的なお悩みから自営業者の方(ビジネスのもの)のお悩みまで受け付けています。

コーチング一覧表 でご確認くださいませ。

 

8. カウンセリングとコンサルティングとの違いをおしえてください

下のリンクに詳しく記載していますのでご参照ください。

コーチングとは?カウンセリング、コンサルティングとの違い

 

お申し込みに関する質問

 

1. 回数の縛りはありますか?

3ヶ月更新などの縛りはありません。

リコベルのコーチングは、1回のみの単発、もしくは1ヶ月(2回)の2種類となっています。継続をご希望の方は、1ヶ月ごとに更新していただけます。

1ヶ月コーチングは、期間中無制限でメールでの相談をお受けしています。

 

2. 申し込みはどうしたらよいですか?

お申し込みは、下のページよりご希望のコーチングのページへお進みの上、料金表よりお申し込みください。
コーチング一覧表

 

3. キャンセルしたいのですが

キャンセルに関して をご覧ください。